faqq
新車なのに何故、研磨してからコーティングするの?

faqa
お客様がオーダーされたお車は各メーカーの工場で生産され、お客様の元に届くまでいくつかの外的要因でキズなどが付着しています。また、納車の際、洗車機や雑巾などで洗われたお車は俗に言う洗車キズ・拭きキズが付いた状態になりますので、それらの浅いキズを研磨して塗装面を平滑化してコーティングを施工した方がより コーティング本来の性能を発揮できるのです!注意)ボンネットやルーフに保護フィルムを張っていたり、手洗いなどでキズが付かない様にされている所もございますので一概には言えませんので、ご理解下さい。


faqq
本当に水垢や傷は付かないの?

faqa
結論としてコーティング施工をしたからと言って水垢やキズが付かないと言うのは誤りです!コーティングを施しても水垢やキズは付きます。コーティングの役割は大切なお車のボディーを保護すると言う事ですが正しくはコーティングを施していないお車に比べると「水垢が付着しにくい」「キズが付きにくい」と言った様に結果日々のお手入れが楽になり、仮に水垢が付着しても容易に除去する事が出来てボディーの劣化などを防ぐ働きがあると言う事です。


faqq
日々のメンテナンスはどの様にして何を使えば良いの?年に一度のメンテナンスってどんな事を行うの?

faqa
日々のメンテナンスですが、基本的には水洗いで結構です!洗車機には出来るだけ入れないでください。(洗車傷が付いてしまいます)カーシャンプーを使用する際には研磨剤などが入っていない物をご使用しシャンプー成分が残らない様に洗い流してください。水道水で洗った場合もミネラル成分が残っていれば水垢の原因にもなりますので、キチンと拭き上げて下さい。拭きあげる際、マイクロファイバークロスの様な柔らかく吸水性に優れたものを使用したら拭きあげも楽で済みます。年一回のメンテナンスについては、まずボディー状態を目視で確認し、水垢の状態や被害の度合によって施工工程を決定します!ボディーの状態によっては再度研磨を行い、コーティング剤を施工する事もあります。


faqq
施工するなら新車時が良いの?

faqa
もちろん新車時がボディーもあまりキズが付いていない比較的綺麗な状態ですので経年車に比べると施工料金も安く済みます。


faqq
コーティングの種類ってたくさんあって何を選べば良いのか分からない。

faqa
コーティングの種類もたくさんあります。撥水性・疎水性・親水性などやポリマーコーティング・ガラスコーティングなどあります。当店ではお客様の要望やご予算などをお聞きしてお客様のニーズにあったコーティング剤をオススメ致します。決して高いコーティングをオススメする事はございませんのでご安心ください。