カーディーラーコーティングについて!

カーディーラーのメンテナンスって何するの?

一昔前のカーディーラーにおけるカーコーティングの位置づけは「値引きの対象」でした。

初めから見積書の欄に記載している場合がほとんどで「車を売る」手段のひとつでもありました。

多くのお客様は「初めからやってくれるなら任せる」「また施工業者を探すのが面倒」「自分で行うのがしんどい」などの理由からカーディーラーにて施工をご依頼されたのではないかと思います。

では、今現在はどうなのか?

各カーディーラーによって違いはあると思いますが「値引きの対象」にも一部なっている可能性もありますが、殆どのカーディーラーはカーコーティングの必要性を理解し、率先してカーコーティングを推奨しています。

確かにカーコーティングの普及には弊社も嬉しく思いますし、大変素晴らしい事だとは思います。

しかし、弊社が懸念しているのは「お客様目線に立って」コーティングを勧めているのか?です。

カーディーラーのメンテナンスは専門店のメンテナンスと違います!

各ディーラーの営業の方とお話をされると思います。

確かに現在はカーディーラーもコーティングに力を入れ始めて様々な良いコーティングを開発・販売してきています!(しかも高すぎΣ(・□・;))

この事自体は業界にとっても喜ばしい事ですし、お客様にも認知されてきていると実感しています!

問題なのはコーティングを施工した後の事が重要なのです!!!!!

カーディーラーのメンテナンスについての認識は・・・・・・

1年点検の際、1年前に施工したコーティングが利いているか否かの判断しかしません!

汚れや虫取り・鳥のフンなどの除去などの最低限の処理は行うと思いますが・・・・

水シミ・拭きキズなどボディーを整えると言った事。コーティングの再施工などは行いません!

※コーティングが原因の被害については一部対応する事もありますが・・・

あくまでメンテナンスはカーディーラーが付属で付けてくる「メンテナンスキット」などであなたご自身が行わなければならないのです!!!

では、カーディーラーのメンテナンスの意味はあるのでしょうか?

日常的にあなたが行っているメンテナンスと同じではないのでしょうか???

「それでメンテナンスが無料です!」と言うのはあまりにも専門店との温度差があります。

専門店のメンテナンスはカーディーラーとは全く違います!

洗車して汚れや虫・フンの除去のみがカーディーラーでのメンテナンスであるなら「あなた」は感動しますか?水シミや拭きキズもボディーに付いたままのご自身の愛車を見て。

専門店での「メンテナンス」の真意は・・・

普段、あなたが行っいるメンテナンス以外のあなたが出来ない作業を行い、カーコーティングを施工した時の状態に近づける作業を弊社では「メンテナンス」と位置づけしています。

ボディーの汚れや虫などの除去はメンテナンスではなく、ただの洗車の作業での一部分と言う認識です。

施工して1年も経過したらあなたがいくら洗車をマメに行っていても「水シミ・ウォータースポット・拭きキズ」などの被害が出てきます!

その被害にあった状態のボディーを均一に整えて、場合によって再コーティングを施して施工当初の状態に近づけて長くキレイな状態を保たせる事が本来の「メンテナンス」なのではないでしょうか???

「ただ確認・点検するだけのメンテナンスで5年間と言う長期間、コーティングが持続すると思いますか?」

カーコーティングは「メンテナンス」があって初めて長期間のキレイを持続できるのです!

高額のカラスコーティングを勧めるなら、それなりのメンテナンスを!

上記にも記載いたしましたが、最近のカーディーラーのコーティングは質が良くなったのもありますが、かなり高額です。

であれば、「お客様の立場に立って」しっかりとしたメンテナンスも行うべきだと思います。

いくら高額で良いコーティングだとしても、メンテナンスを怠ると5年と言う期間は持続しません。

カーディーラーはモノを「売る」サービス業ですから、目先の利益優先は当たり前かも知れませんが。

カーディーラーでメンテナンスされたお客様が「こんなものなの?」「どこのコーティングでも同じ」「結局メンテナンスなんて意味がない」っと思われてしまい、結果コーティングなんて必要ない!っと誤解される事に関して弊社としては非常に残念に思います。

あなたにお伝えしたい事!

カーディーラーにてのコーティングを否定しているのではなく、コーティング後のメンテナンスが非常に今後あなたの愛車を長期間保つ上で重要だと言う認識をお持ちください!!!

「余談」施工する人は「資格」を持っている?

よく聞く話で、資格を持った専門のスタッフが施工しますと説明された。などをお聞きしますが。

一体どの様な「資格」なのでしょうか?

ただ、コーティングを塗り込むだけの資格?磨き作業に関しての資格?

「資格」所持者に関してですが、実際には「国家資格」では全くありません!!!

・ガソリンスタンドなどの資格所持者はその会社内の規定に基づき、塗り込み・拭き上げ・時間などを参考に合格した人が3級・2級・1級となっています。

この様に各会社によって個別に作業による基準を設けてランク付けしているだけに過ぎませんので、誤解しない様にしてください!(あくまで研修を受け、その作業に従事している者に対し格付けの様な事を行っているだけです。)

弊社のブログをお読みの方は理解して頂いていると思いますが、「資格」と言う基準に関しては明確にはないのではないかと考えます。

大切なのは「知識」「施工環境」「経験」で、技術などは後からしっかり付いてきます!

確かに「資格」と言う言葉には「信用」の意味もあるのかも知れませんが、「資格」があるからあなたが満足できる仕上がりになるとは限りませんよね?

弊社が思うのはお客様である「あなた」が感動し、満足して頂ける事こそが「本当の資格」なのではないかと考えています。

お客様一人一人感情や見方・捉え方は様々です!

いくら「資格や研修」を修了していても。お客様に感動や喜びを与えられないと意味がありません。

施工前にお客様のご意向・希望等をお聞きし、施工店の施工工程や今後のメンテナンスなどの流れをしっかり、理解してもらいお客様一人一人に合った施工を行う事が「資格」より「大切な事」だと思います!!!

 

新車をご購入される際、カーコーティングを勧めてこられた場合、安易にお願いするのではなく、あなたご自身が納得できる説明をお受けになられた上でご決断くだされば良いかと思います(^^)/

カーコーティングも決して安くはありません!

お車の様な高額商品をご購入されて気持ちが高揚しておられるのは理解できますし、安く思えるかも知れませんが、もう一度冷静にお考えになられて施工から施工後のメンテナンスまでをよく判断してご決断くださいね!

※一部のカーディーラーは専門店にて施工を委託している場合もございますのでご理解下さい。

ご参考になれば幸いです。

ご閲覧ありがとうございました。